メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

労働法務アドバイザー協会の理念

講師 労働法務 弁護士

弁護士 岡崎教行先生のご紹介

労働法講座は、労働法務専門の弁護士の先生に担当していただいております。

弁護士 岡崎教行 先生 プロフィール

弁護士 岡崎 教行弁護士 岡崎 教行
牛嶋・寺前・和田法律事務所
Facebook
https://www.facebook.com/noriyuki.okazaki
ブログ「労働法務弁護士、がむしゃらに生きる365日」
http://okazakinoriyuki.com/

<略歴>
1977年 4月26日生まれ(おうし座のB型)
1990年 新宿区立淀橋第三小学校卒業
1993年 法政大学附属第一中学校卒業
1996年 法政大学附属第一高等学校卒業
2000年 法政大学法学部卒業
2001年 旧司法試験合格
2002年 法政大学大学院卒業
2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会)
2015年 中小企業診断士試験合格
2017年 中小企業診断士登録(東京都中小企業診断協会城西支部)
経営法曹会議会員

<著書>
弁護士 岡崎教行 著書「使用者側弁護士からみた 標準 中小企業のモデル就業規則策定マニュアル」(日本法令、共同執筆)、「現代労務管理要覧」(新日本法規出版、分担執筆)「Q&A人事労務規程変更マニュアル」(新日本法規出版、分担執筆)、ビジネスガイド2014年4月臨時増刊号「最新重要判例から読み解く労務トラブル解決の実務」「日本航空事件」(日本法令)、ビジネス法務2014年7月号「間接差別の広範化」(中央経済社)、ビジネス法務2015年2月号「限定正社員への移行手続」(中央経済社)、ビジネスガイド2015年2月号「最新判例を踏まえたマタハラトラブルリスクとその予防策」(日本法令)、ビジネスガイド2015年5月号「最新解釈通達を踏まえた企業の産休・育休取得者への対応上の留意点と実務」(日本法令)、ビジネスガイド2015年6月号「妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取扱いに係るQ&A徹底解説」(日本法令)、ビジネス法務2015年9月号「ストレスチェック制度の導入と運営 実施から就業上の措置までの流れ」(中央経済社)、ビジネス法務2016年2月号「柔軟な働き方を実現する制度」(中央経済社)


労働法務弁護士 岡崎教行先生からメッセージ

労働新聞社より「使用者側の弁護士として」
・使用者側の労働法務弁護士になったきっかけ
・労働法務について感じること
・労働事件の特徴

ページトップ
ページの終了